BlueArkの創設者练肇础のインタビュー:藍海で運転して望む方舟

12-06   

間違いない、2021年には“メタバース”の天下以外、それともNFTの“元年”です。Twitter創業者・ジャック・ドーシー氏Tesla創業者・イーロン・マスク氏がNFTをオークションにかけそれぞれ数億円単位の入札が行われたり、日本のVRアーティストせきぐちあいみさんの作品が1300万円の価格で落札されたりと、この他にも、NFTとして出品されたアートや音楽は、数十億を超える金額で取引されており、すべてNFT取引のプラットフォームの巨大な市場の潜在力を見抜くことができる。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のこと。暗号資産(仮想通貨)と同じく、ブロックチェーン上で発行および取引される。従来、デジタルデータは容易にコピー・改ざんができるため、現物の宝石や絵画などのような資産価値があるとはみなされなかった。

NFTの歴史は、2017年にイーサリアムブロックチェーン上で誕生した「CryptoKitties」というゲームに端を発する。これは「猫」を模したNFTを収集・売買・配合などが可能なゲームだった。ローンチ当初が仮想通貨バブルの最中ということもあり、ピーク時には約1900万円の値をつけるほどのブームとなっていた。

しかし、急速に注目を浴びだしたのは2021年に入ってからだ。Nonfungibleデータによって、2021第2四半期NFT市場の取引額7.54億ドルに達し、同時期と比べて3453%増加して、輪増加の48%を比べます。もちろん、こんなに巨大な市場の取引額はたくさんの創業者をも引きつけて、Peter Linは中の一人だ。

dad363c9468344189d2fd740f5e4037

またこの年で、Peter LinはBlueArk藍海方舟を創設して、このひとしきりのNFTプラットフォームの東風でようやく十分な発揮を得りたいです。しかし彼の目標ははるかにNFTプラットフォームに止まらないで、ディーファイ、ゲームファイ、メタバースなどもすべて彼の射程以内にある行く。

“人の想像力がどのくらい広大れば、世界はどのくらい渺茫たる。”Peter Linはこのように言った。その時、彼の目中で世界は渺茫たる藍海だ。

Xiou: 創業経験を紹介してください。

Peter Lin: 僕のおじさんは世界の有名なハイヒールのブランドのデザイナーJimmyChooです。彼の影響を受けて、僕は16歳にイギリスへ学びに行きました.イギリスで、僕はイギリスで、西方芸術文化を学びながら、おじさんに手製芸術を実践し、異なる設計の芸術を接触し、新メディアのアイデア設計を習得し、同じく科学技術と新メディアの設計を好きになりました。

2008年、僕はイギリスの設計雑誌DigitalArtsに“イギリスの十大新晋デザイナー”と評議して選出させられました。その後イギリスでデザイナーマネージャー会社を開きました。

2012年に、香港に帰った後に妻と一緒に流行のブランドを創立し、その年にcounttotenスタジオを創立し、いくつかの国際設計類の賞をも獲得しました。

今年の初め、僕と今の創業のパートナーはよく数字世界の発展と潜在力までに言及して、みんなもこの市場の発展に対してとても大きい期待を持っていて、この市場の発展が世界を変えることができるのを信じて、だから僕達がBlueArkを創立することを決まった。

474d4d8e7640b12b2907f5f3c156ba9

Xiou: チームの他の核心人員を紹介しても宜しいでしょうか?

Peter Lin: もちろん。僕の創業パートナー、Dough-BoyはBlueArkのCCOです。彼は音楽プロデューサーであり、俳优であります。2014年に彼が作った音楽は香港アカデミー賞の上で最優秀映画のテーマ曲の賞を獲得しました。彼は3枚個人アルバムを出したことがあって、Spotifyですでに6百万を上回って思う存分放送して、また多くの国際上有名な音楽人と協力したことがあります。たとえばLilYachty、JacksonWang、MCJin、 MCHotdogなど、かなり若くて前途があると言うことができます。

その外、僕達は専門顧問チームもあります。例えばテクニカルコンサルタントDanielEbrahimian、彼はシドニー科学技術大学を卒業して、博学であるばかりでなく、富む創造力のソフトウェア開発専門家であり、ゲームのソフトウェア開発と創作面に10年余りの経験を持って、データベース、データ構造と計算方法に精通します;暗号化コンサルタントMiaはブロックチェーンとインターネットの業界にすべて豊富な経験があります。財務コンサルタントAlexChongは大中華区、日本、韓国、シンガポールと米国市場に20年位の投資と金融の相談する経験があり、ずっと積極的に多い上場企業のためにITなどの多元化の業界の個人ベンチャー投資グループが提供してと初めて(IPO)と2回の融資する取引、買収合併とその他の投資を公に発行する関係がある取引する相談サービス、ゲームと娯楽、小売りと不動産開発にも参与します。

僕達のチームはとても強くて、僕達の目標は一致しています。僕達が良い会社を作りたいという考えも変わりません。

Xiou: BlueArkという名前はとても特別なので、どうやってこう言うのかちょっと聞いても宜しいでしょうか?

Peter Lin: 方舟(Ark)とは神の指示に従って箱形の大舟をつくり、家族と雌雄一対のすべての動物を引き連れて乗り込み、そのため人類や生物は絶滅しなかったという。それはすべての人類の想像力、生存の可能性を積載していておよび望んで、人々に1つの全く新しい時代に踏み出すように連れます。藍海(Blue)は新興市場を代表していて、僕達は伝統の制限を打ち破って、ブロックチェーンの誕生から発生した巨大な転換をDeFi、NFT、GameFiに派生していき、更に今日もっと高段階と浩瀚広大な数字商業の領域――メタバースに関連します。

BlueArkはこの2つの語の結合で、これは僕達が新興市場で想像力に満ちた無限な発展の可能な会社を作りたいという意味です。

Xiou: BlueArkはどうやってユーザーのためにサービスを提供しますか?

Peter Lin: BRK(BlueArk略称)はそれのオリジナルなNFT取引のプラットフォーム上で、NFT芸術と音楽作品の創造を集中して、貯蔵して取引して、かつ先に提唱された事物を革新して、低い敷居を通すNFT作品は取引して、“参与はマイニングである”のこの全く新しい概念をユーザーにあげて、プラットフォームの収益をフィード・バックして、彼らのためにただちに金融の価値を創造します。その上、BRKは更に自分の“BRKスマートチェ-ン”を創立して、距離遠近を無視でのBRK生態システムを作成します。

BlueArkプラットフォームは元からある作品の保護を主張して、作品ごとにすべて必ずただ1つでなければならなくて、そのため決して複数の入荷する作品を受けません。ブロックチェーンの先進技術に助けを借りて、全てにただ1つの特質の芸術作品を持って永遠に継続して広く伝わらせます。

プラットフォームはユーザーの体験を非常に重視して、採用の混じる適当な硬貨システムが作者NFT作品の硬貨費用を免除する以外(普通なプラットフォームは毎回貨幣を鋳造する費用が160ドル位が必要だ)、同時に収集家の取引費用を免除して、また「参与はマイニングである」のフィードバックの構造に参加して、すぐ作者と収集家の取引が成立した後に、双方は皆プラットフォームのフィードバックを獲得して、構造は最少の15年を維持して、全面的に返報してユーザーを与えることを願って、トランザクションモードを革新するのを収益最大化に達します。これは僕たちがサ-ビスを提供する方法であります。

Xiou: この間BlueArkは《映画ダブル週刊》との協力を宣言したが、今回の協力を紹介しても宜しいでしょうか?

f6f2fe8425a25238e41e7e740bb8ae6

Peter Lin: 僕達の協力する主な方式はBlueArkプラットフォームで亡き香港スーパースターアニタ・ムイで《映画ダブル週刊》訪問を受ける時写真製のなるNFT(非代替性トークン)の作品を発表しますし、その中には一度も露出してない極秘の写真を含んで、スーパースターアニタ・ムイの飛躍から有名になる伝奇まで振りかえって、そして大衆と彼女の初めは正式が10年デビューした時のを分かち合って変わります。

baf790a641c84ed99b225d3d82a1b80

その他に、僕達のBlueArkと《映画隔週刊》はまた部分を収益にオークションして動かして《文化動力慈善基金》を寄付するのを決定して、そして慈善の映画の夜を開催して、基金に恵み者と共にアニタ・ムイの伝奇一生スクリーンを再現するように招待することにします。今回のオークションで、BlueArkはプラットフォームの上でスーパースターアニタ・ムイが《映画ダブル週刊》訪問を受ける時写真製のなるNFT作品を現れることができてとても光栄であります。1991年に黄志明が訪問写真を撮影して、そして第313(1991年4月4―17日)の《映画ダブル週刊》で掲載しました。その時ちょうどアニタ・ムイは10年デビューして、《映画ダブル週刊》は「10年光華のアニタ・ムイ」を問にして、表紙のストーリとして伝奇的なアニタ・ムイ「アニタ・ムイの10年光華収集展」展覧を記載し、そして事業、感情と個人の成長から彼女のために回顧を行う、スーパースターの伝奇を記録します。

今回協力するNFT作品は、2枚週刊上へ掲載された訪問時写真以外、またかなり文化価値の第313号の《映画だ物週刊》の表紙もありますし、および、一度も露出したことがない2枚訪問の時撮影した写真もあります。写真は30年後でNFT芸術品の形式で公衆の目の前に再現して、そしてメタバースの世界の中で永遠に継続して意味が並外れています。

303f3c0c32d958e6488530a0648fb49

Xiou: BlueArkは今後どのような計画がありますか。

Peter Lin: 私達BRKは専属「BRK人工スマート」のシステムを創立して、ユーザーNFT作品のために改めて「2回の価値」を創造して、更に多重の意味を与えて、NFTがただ貯蔵と取引の狭い方面の上で駐在するだけではありません。例えば音楽の方面で、BRKは強大な人工スマートシステムを創建して、ユーザーが新しい音楽を創作することを助けますし、更にユーザーの一つあるいは多数のNFT音楽作品を2回の創造に行って、かつ、合理化と採点システムを提供しますし、そのNFT音楽の作品を更に専門的になって、商業価値と競争力を更に備えます。

それ以外に、僕達は更に「BRKスマートチェン」と人工スマートシステムを通して、全く新しい「GameFi」を創造して、更に「参与はマイニングである」この概念をプレーヤーの方までに使用します。

Xiou: BlueArkに対する期待を話してください。

Peter Lin: 僕はBlueArkが乗って想像力と無限な可能性を載せていることができるのを望んで、すべての人類にすべてのメタバースに入るように連れて、共に理想的な大同の世界を建築するように。これが僕の全て期待です。

インタビューの最後、Peter Linは「BRKスマートチェン」の全体的計画を漏らしました。BRK NFT取引のプラットフォームから手に入れて、後続段階はBRK概念店、BRK音楽、AI開発、BRKスマートチェン+AI増強、BRKゲーム+AI増強、BRK芸術+AI増強を順次に開発しますし、BRK自分のメタバースが形成するのまでです。

Peter Linは方舟を運転して、あのブルー海洋の中で自由に通り抜けいきます。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap