ファイナンス

  • インタビュー記録:ABEYが業界先端に先立つ独特性と技術アドバンテージ

    先日、嬉しいことにABEY基金会顧問である黄連金さん及び陸基研修社創業者のLilyさんをお招きすることができて、ABEYの中心競争力、技術アドバンテージ、今後のトレンドについて話をお伺いしました。黄連金さんは中国移動通信連合会ブロックチェーン専門家委員会トップセキュリティ専門家で、2018年スタンフォード大学ブロックチェーンと人工知能コンテストの審査員を務め、最近はABEY基金会の客員顧問に就任なさいます。
    11-30     Coinsure
  • ビットヤードは、コピートレードサービスを通じ、 暗号資産の普及を努力する

    要約:ビットヤードは「複雑な契約、単純化されたトランザクション」の理念を維持し、先物取引のコピートレードサービスを開始しました。目標としては、「高専門性を持ち、低い投資ハンドル」のグローバルな暗号資産取引所を構築し、暗号資産の普及を努力します。
    11-13    
  • Xinhua Silk Road:中国・泉州が21世紀海のシルクロードのパイロットゾーン建設促進に努める

    中国南東部の福建省に位置する泉州は、「一帯一路構想(BRI)」のもとで「21世紀海のシルクロード(21st Century Maritime Silk Road)」のパイロットゾーン建設促進に努めてきた。
    10-16     HAIXUNPRESS
  • PwC:ブロックチェーン技術はトラッキング、トレーシング、信頼の向上で2030年までに世界経済を1.76兆米ドル押し上げる可能性

    PwCの新たな分析によると、ブロックチェーン技術は今後10年で世界の国内総生産(GDP)を1.76兆米ドル押し上げる潜在力がある。
    10-14     HAIXUNPRESS
  • 1,100万ドルの投資を獲得した後、Fincyはさらに150名の「戦略型」人材を採用

    FincyがGBCIからの1,100万ドルの投資を獲得した後、Fincyシンガポールチームは、最新の人材採用計画をスタートさせます。グローバル人材チームの構築と事業開発能力を強化するために、世界中から150名「戦略型」人材を採用する予定です。それによって、ユーザーエクスペリエンスをさらに最適化し、勢いよく発展している市場の需要に対応します。
    10-13     Coinsure
  • FincyがGBCIから1100万ドルの資本注入を獲得

    国際主流メディア「商業時報」、「企業者」などによると、シンガポールの創業したばかりの金融科学技術企業Fincyはその親会社GBCIから1100万ドルの資本注入を獲得した。その資金はFincyが東南アジアでの技術サービスおよび市場の発展に応用される。
    09-12     coinsure
  • 2020年ベストのデジタル通貨自動アービトラージのシステムガイド

    JPEX数字銀行の環形アービトラージは、非常に成熟したアービトラージのシステムです。JPEX数字銀行には、日本の東京大学に所属する伊藤博士のチームによって開発された、AIベースの自動アービトラージのシステムです。このシステムは、自動的にデータを照合して記録し、リアルタイムで市場での変動を監視することによって、取引所への指示を送信して定量的な担当者と協力してリアルタイムで監視し、使用者の資金の安全性の確保します。
    09-07     COINSUR
  • 技研製作所: 河川堤防決壊の「人災」を糾弾

    高知---- 近年相次ぐ河川堤防決壊の元凶となっている国の「土堤原則」を追及した株式会社技研製作所(本社:高知市、東証:6289)代表取締役社長・北村精男による著書『国土崩壊-「土堤原則」の大罪』が、全国の書店で販売され、好評を博しています。土堤原則の問題点は識者も指摘しており、本書などを通じて徐々に一般にも浸透してきています。しかし、メディアではほとんど取り上げられていないのが現状です。
    08-07     GIKEN LTD. TOKYO:6289
  • サボニックスと三谷産業が提携、従業員の認知症の早期予防のためにデジタル認知スクリーニングを導入

    三谷産業の三谷忠照代表取締役社長は、次のように述べています。「三谷産業は、サボニックスの認知評価サービスを40歳以上の全従業員に導入しました。これは世界で前例のないイニシアチブです。認知症は日本の超高齢化社会が直面している保健上の問題であり、定年を緩和ないし廃止する長期雇用を採用する日本企業すべてにとって非常に大きな問題となるリスクを抱えています。働けなくなる個人に影響を及ぼすだけでなく、疾患の進行に伴って周囲や家族に及ぼす影響とストレスも甚大です。ただ、認知症は予防できることが明らかになっており、生活様式の変化の見直しや社会的関係の改善によって進行を止めることができます。そして私はそれが早いほど良いと理解しています。日本には「人生100年時代」構想があり、健康寿命を延ばし、長く働けることが重要となっています。当社の約3300人の従業員は、10代から80代後半までと年齢に幅があります。すべ
    08-06     サボニックスと三谷産業が提携、従業員の認知症の早期予防のためにデジタル認知スクリーニングを導入
  • The W World Corp. Plans to be Listed on NASDAQ

    W World Corp., a biopharmaceutical company, announces its intention to get listed on NASDAQ on 2020/2021, opening speech by Professor Dr. OUDOM, Chairman of the W World Corp, June 28, 2020 at 0:00 a.m., New York.
    06-28    
ホーム 前へ 1 2 3 4 次のページ 尾页

ページあたり10アイテム(ページ2 / 4)合計33アイテム

最新の

  • エポックメイキングな傑作、ICPⅡが強力にデビューしました!

    Global Timesの信頼できるニュースによると、ICPⅡは2021年7月10日に0.025Uの価格で発売されました。現在のホットなICP市場と比較すると、ICPⅡは基礎的なアーキテクチャの面でICPの最高傑作であり、ICPを超えるために開発者によって最適化されています。
  • アセット・インタラクションをさらに進化させたBitsafeがコイン界を驚かせた理由とは?

    2021年の金融投資の発展方向、より効果的な資金調達、決済、より広範な情報交換をどのように実現するか、資産運用管理は我々にとって大きな試練であり、ブロックチェーン技術の波、金融セクターの躍進はエポックメイキングである。
  • 村上春樹:NFT作品がBOBOに掲載

    ​村上春樹は現代日本の小説家である。1973年に早稲田大学文学部演劇学科を卒業。主な作品に「ノルウェイの森」、「風の歌を聴け」、「レキシントンの幽霊」、「百パーセントの女の子」、「村上春樹の文学における音楽」などがある。
  • 医療専門家が中国東方航空と手を組み、飛行中の応急処置の「防護壁」を構築

    整形外科医のWangRenは、動悸の既往がある男性乗客を救助しました。この乗客は5月1日、広州発西安行きMU2259便の機内で、胸の圧迫感、息切れ、呼吸困難などの症状を訴えていました。
  • Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!

    ​最初の数少ないIT技術者が進めてからだんだん十数年も発展してきたが、伝統的な金融機関が介入してしまうデジタル通貨は、管理のない仮想通貨資本市場になり、暗号化学説原理に基づき、匿名で口座を開設することができるため、保有者は世界中に散らばっており、犯罪や不正取引などで得た資金が仮想通貨の市場に転々と移動されています。
  • “お前はクアンビン氏と彼のチームの投資により、「スーパー NMN」が正式に発売されました。”

    ペンメンインターナショナルはこのほど、お前はクアンビン氏率いるチームが開発したアンチエイジング製品「スーパー NMN」がまもなく正式に市場に投入されることを発表しました。
  • Bullcoin BULL、新興の動物コインの強豪リーダー

    最後に、もっと最近の土管プロジェクトもありますが、本当に良いものは100分の1とも言えますので、慎重に慎重を重ねていかなければなりません。 バリュー投資に徹し、ギャンブルは控えましょう。 次のドッグコインを探している皆さんを連れて行ってください。
  • 分散型ストレージ業界のダークホース、FILを潰す存在、MACCion FIL IIとは何なのか?

    MACcoin MACCionMACCionFIL IIは、自らの優れたリソースと力で、データストレージ業界全体を一気に変え、集中型ストレージの現状を打破します。
  • 中国の貧困解消活動は世界にどのように貢献するか

    改革開放以来、中国では貧困ライン以下に生活していた農村部7億7000万人が貧困から脱却した。世界銀行の国際貧困基準によると、この数字は同期間に世界全体の70%以上を占めている。
  • WangWenzeng-世界現代国連イメージアンバサダー

    Wang Wenzeng:ペンネーム:Wang Shengquan、別名Wang Zongze、法律名:ドイツ語、Songshan少林寺の31番目の弟子。 男性、1958年生まれ、河北省保定市出身、現在北京在住。 彼は河北大学政治法学部を卒業し、北京大学芸術学部で学びました。6歳から本を学び、王、燕、劉、趙、朱をコピーし、2人の王を追った。 Zhang Xu、Huai Su、Wang Duo革新的で、繁栄する時代の中国文化を反映し、時代の書道を強調し、世界の人間主義的概念を構築し、中国の夢を実現します。彼の作品は、国の指導者による何千もの作品を集めています。国際的な高官と世界のコンソーシアムは、王の6つの傑作を作成します:「8面スタイルの筆致、幼児循環法、接着剤転写フェイベイトンペン、ビューティーショールヘア、フクシア、ウェーブ法」は、世界。

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap