イギリスPEファンド3iの日本株市場参入

11-10   

3iグループについて:

3i投資機構はヨーロッパで最大のPEファンドの内の1社です。投資業界で60年のキャリアを持っています。海外支社と子会社を含め、グループ内で管理している資産は140億ドルに及び、年間の投資金額は約20億ドルに達します。その内訳は、約50%がM&Aを占めています。グループ企業や非上場企業から株式を購入します。約35%が、長期的な成長を目指す企業への資金提供などグロース株投資を占めており、残りの約15%は、利回りの高いアクティブ投資を行います。

3iグループの事業は、アジア、ヨーロッパ、カナダ、アメリカまで拡大し、人種や業界、業種を超えた様々なコネクションを持つことで、業界内でも有数の人脈ネットワークを構築しています。

3iの投資領域は2003年から既にアジアへ展開し、現在までに約8割の日本の上場企業の株式を保有しています。今や日本の株式市場を支える、なくてはならない存在となっています。

なぜ3iグループは日本市場に進出か?

皆さんもご存じのように、日本の株市場は中央銀行の金融政策に大きく影響されます。今まさに、世界的なインフレと原油エネルギーの緊迫が懸念される状況下において、日銀は依然としてETFや国際の買い入れを通じて市場に大量の資金を供給する量的緩和を行っており、日本株がこれからもまだまだ値上がりの余地があるではないかと考えられます。

3iグループは今後も、実績のあるグローバル規模の投資機関として、鋭い市場分析と情報収集で独自の投資ビジョンを届けていきます。

ここで、3iグループ日本支社の謎めいた裏のトレーダー「小手川隆」をご紹介したいと思います。

3iグループがいちはやく日本市場に参入し、地位を確立できた背景には、短期トレードの達人、小手川隆トレーダーの力添えがありました。

小手川隆氏は謎めいたトレーダーです。

2000年に、日本最大のサイト、BBSにB.N.Fという名前が人々の注目を集めました。しかし、これはただストーリの始まりに過ぎませんでした。

アジアナンバーワンの“爆速稼ぎ屋”[小手川隆氏]は7年間で自己資産を1万倍まで増やし、175億円を稼ぎ出しました。

大学3年生頃までは、一見すると普通の大学生と変わらぬように見えましたが、卒業直前に1億円以上の資産を手にしていました。

小手川隆氏は僅か7年間で自己資産を1万倍にまで増やすことに成功しました。

ソフトバンクの会長孫正義氏は、自ら小手川隆氏を食事に招待し、ソフトバンクの資産管理を小手川氏に委託したいと告げました。しかし結局、この誘いを小手川氏は、丁重にお断りしたといいます。

世界金融市場の歴史上でも100年に一度、起こるか起こらないかの大量誤発注事件が起きました。

その名も”J-COM事件“。

この事件は、みずほ証券の社員が、本来“61万円/1株売り”の取引注文を”1円/61万株売り“と誤って入力したことで起きてしまいました。このある意味チャンスとなった”誤発注“は、すぐに業界中の鋭敏なトレーダー達の餌食となってしましました。小手川氏もその鋭敏トレーダーの1人であり、10分もたたない間に7000株を購入し、翌日にすべて売却しました。今回のチャンスにつけ込んで株を大量保有し、小手川氏は最終的に売り抜けて約20億円の利益を出しました。当時、個人としては最も稼ぐトレーダーとなりました。

小手川氏は、トレードが全てであり、トレードだけに集中してきたため、生活は素朴で地味でした。小手川氏はまるで映画の中に出てくる田舎の青年のように、外出の際には公営バスに乗り、食事はインスタントラーメンばかり食べていました。食事はお腹いっぱい食べてしまうと集中力が低下してしまうという噂を信じ、腹八分目までしか食べませんでした。

彼はミニマリストであり、小手川氏は、モノが多く汚れている環境は人の判断能力を低下させるので、最小限のものと空間で生活することで鋭い思考能力が維持できると話しています。

小手川氏は典型的な短期投資家であり、主な投資対象は暴落株とIPOに絞っています。

取引ルーティンは、午前8時15分に起床。その後、寄り付き前に米国株と先物のトレンドを見て、昼休みの間にシンガポールや韓国などのアジア株市場の相場を注視してみていきます。

小手川氏は、典型的な短期投資家であり、主な投資対象は暴落株とIPOに絞ってあるため、株の保有期間は通常の場合、1日〜1週間、長くても10日以内。企業の業績の考察は全く行わず、ローソク足や移動平均線などのようなチャートでトレンドを分析するのが彼の取引スタイルです。取引の際は、選挙などの短期間な要因に注視して取引を行っています。

2005年に小手川氏の投資資金は既に140億円まで達しました。しかし、当時彼は140億円レベルでの運用に対し、非常にプレッシャーを感じていたため、取引ポジション枚数を減らし、運用金額を80億円レベルまで減額させました。これにより彼は以前のような心境を取り戻すことができました。

彼は勝率の高さを求め、他人の資金では運用せず、あくまで自己資金でしか運用は行わない。取引で精神状態が良くないと感じる際は、まず運用金額を減額させるとのこと。

小手川隆氏の話によると、彼は参考書などはほとんど読まず、一冊の入門レベルの参考書しかを読んだことがないといいます。取引を繰り返し行っているうちに自然と身についたものという。

本能に知識及ばず、知識を本能に転換すべき。

プロトレーダーから学び、目的達成のための本能を磨いていく。

継続し続け、無意識にできるまで積み重ねていく。

彼は自分にわずかな才能があったとはいえ、Victor Niederhofferのような存在こそ天才投資家であり、自分は一般人より少し投資に向いていただけという。

彼はトレードにすべてをささげ、自分に向いてる投資スタイルを徹底的に貫いた。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

  • 鶴松医薬品はなぜ人気なのか?

    学界のNMNの臨床試験は長い歴史をもち、アンチエイジングの分野において体内のNAD+レベルを効率よく向上することが実証されています。アルツハイマーやパーキンソン病のような神経障害の病気の治療に大きな可能性を示し、さらにはこの原料に対する高い注目と評価を得ました。
  • 千年昔からの風・骨董品にある物語--唐三彩 ラクダに乗り樂埴輪

    ラクダに乗り樂埴輪は1300年前に中国の盛唐時代の三彩陶器です。
  • 千年昔からの風・骨董品にある物語--16ヶ国時代座る女樂埴輪

    16ヶ国時代座る女樂埴輪というのは、咸陽平陵から出土された出かける儀仗隊の埴輪です。
  • 鶴松医薬品|NMNメカニズムがもたらす幸せ

    NMNとは我々人類と生物の体内で自然に生成される物質の一つです。実は我々は乳児の頃からNMNを母乳から摂取していました。この点から鑑みるとNMNは人類が最初に摂取する栄養分の一つであると言えます。緑黄色野菜の中に含まれるNMNは自然の食材、野菜の成分として存在するため、薬品とは違う安全なものです。しかしながら成分であると同時に、その物質に対するアレルギー反応のような別の影響も忘れてはなりません。
  • YESWOODが 2022 年のクリスマスに向けてトップ 3 の小型家庭用家具を発表

    綺麗な家は、みんなのの夢の場所です! 今年のクリスマスは、家(ずっと過ごす場所)を少し変えて、この割引価格で新しい家具替えしましょう。
  • アメリカの新型コロナウイルス政策批判

     アメリカでは新型コロナウイルス感染者が累計で約1億人となり、死者は110万人を超えている。いまでも1日400人以上が死亡している。
  • 鶴松医薬|NMNはなぜこんなに人気なのか?

    NMNが人気の理由とは?1906年に、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD+) が人体の重要な補酵素として発見されました。その後、1世紀にわたる論証を経て、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD+) が加齢による細胞の老化に影響できると証明されました。
  • 鶴松医薬ー幸せと健康の理念の伝承者

     鶴松医薬株式会社は、東京都港区の虎ノ門に位置していて、医薬品・栄養補助食品の研究開発・製造をメイン業務とする会社です。
  • 鶴松医薬―NMN業界の先駆者

    健康は命の基盤であり、人生が幸せになる源です。 健康はすべてに置き換えるはないですが、健康じゃなければ何もできません。 人々の健康意識の向上や消費水準の向上、高齢化の加速に伴い、NMNシリーズの商品は中国での栄養・健康市場には大きな成長可能性を示しています。
  • Official meeting between Xi Jinping and Biden attracts attention

    The highlight of the G20 must be a 3-hour meeting between President Xi and President Biden but there were a few other important points to take away first.

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap