沖縄

07-18   

「琉球列島(沖縄県)が直面する緊急の課題は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の存在による戦争の可能性がより一層高まっていることである。この条約は、琉球民族の自決権を軽蔑し、無視し続けている。日軍と米軍は、地元の住民への損害を無視し、台湾紛争が起こるならば、中国軍を攻撃する計画をもって軍事訓練を繰り返し行っている。琉球人は中国を攻撃するつもりはない・・・そのような攻撃は地域が戦場になることを意味している・・・琉球と日本周辺領土の非武装化を実現するよう、国と国連関連機関に緊急に求めている」

高松具志堅、国連、琉球列島代表、第1回会議、第15回会合、先住民の権利に関する専門家機構

我が家族は典型的なイタリア系アメリカ人家族で、1900年代初頭、祖父母がエリス島を経由しアメリカに移住し、ニューヨークのヨンカーズの郊外に落ち着いていた。家計を立てるために、アメリカン・ドリームを遂げるためでもあり、父親は4つの仕事をしていた。父親はまずヨンカーズ通りに店を置き、理髪師をやりながら、祖父の商業貿易に参与していた。週末には、結婚式のカメラマンでもあれば、自販機セールスマンでもあり、夕方には、一軒一軒を尋ね、ブリタニカ百科事典を覆う金箔革のセットを売っていた。朝鮮戦争期間中に、1950年から1951年の間はアメリカ軍の兵士でもあった。

駐留先は、沖縄県であった。

その時、北朝鮮人は南に攻撃し、首都ソウルを攻撃し占拠した。彼らは押し戻すためにアメリカ合衆国のダグラスマッカーサー将官は米国議会から許可なしでトルーマン大統領に国連軍司令部の司令官に任命され、東京を本拠としていた。

それまでに、マッカーサー氏は日本に駐在し、戦後日本政府に連携し、数年にわたって戦後の再建に取り組んでいた。ニューヨーク・ヨンカーズに住んでいた子供の時代には、父親は私と兄に見せた沖縄市の数多くのノスタルジックな白黒の写真はまだ鮮明に覚えている。

想像通りに、米国政府と軍の諜報機関によって彼と共有された情報はごく少量に止まっていた。アジアにおける米軍、特に沖縄市にある米軍基地の存在の持続に伴い、数多くの影響に気づいていなかった。

彼らは立ち去ったことはずっとない。

沖縄県における米軍の数十年間の存在-メリットよりもデメリット?

1945年から1952年の間に米軍事基地が沖縄県に設置されてから、一連の日本政府は、沖縄県にある米軍基地が日本の安全保障を強化していると主張しているが、長年に渡る米軍基地反対運動に直面してきた。2022年2月のレービ機関報告書(2003年以降、オーストラリア外交政策と国家安全保障ディベートの中心である評判の高いシンクタンク)によると、、現在の県知事は、玉城デニーである。玉城知事は、沖縄米軍基地の規模を大きく削減したいことで知られている。玉木氏の声は、米軍の軍事行動を支持し、地元住民の民主を無視している日本政府を明確に批判している。 しかしながら、長年にわたり、変化はほとんどない。 後を絶たない汚染や騒音から駐在軍人員による無慈悲な強姦と殺人事件まで、日常生活は幅広く影響されており、沖縄の住民は苦しまれ、訴えていた。

それに加え、感染した米軍基地の人員が地元の沖縄住民にコロナの感染者を広げたあと、コロナ19パンデミックに関連して、事態がさらに複雑化になっている。米軍人員が沖縄県に到着後のコロナ19検査免除はまるで、近所を占領している外国人である米軍軍人の権利が地元住民の権利を凌いでいることを地元の沖縄人に思い出させている。当然のことながら、これで地元のコロナの流行りを引き起こしていた。

「沖縄県は米国の支配から日本の支配へ公式に復帰以来、2022年で50年になりますが、沖縄は事実上米国の日本植民地のままであり続けている。」

米軍基地の存在のもとで、沖縄県の地元住民が直面している問題はさらに悪化している。なぜなら、県島として日本領土の1 %を下回っているが、日本の米軍基地の約75 %、計31箇所の軍事施設が設けられている。

沖縄住民の経済格差

東京に住んでいるジャーナリストのティザンカ・シリパラに記されていた記事は「外交官」に掲載され、日本とアメリカの両政府があまりに気にかけない厳しい現実を明らかにしている。

「沖縄市は日本で最も小さく、最も貧しい県として知られている。観光業関連・通信インフラの成長を見せているが、本土との経済格差になお苦しんでいる。

沖縄県には174万人が住んでいるが、住民一人当たりの収入は全国平均に下回っている。より多くの離島は、子供達の貧困、気弱い産業構造と立ち遅れている基盤に苦しんでいる。玉城氏は、日本に返還される予定の米軍基地が占めている土地で稼げる収益は6.9億ドルまで見込み、現在の基地関連収入の3倍以上になり、米軍基地による9,000人の雇用に比べれば、8万人の雇用を創出することができるとしている。」

特権に保護された犯罪

なぜ沖縄の人々が色々と挑戦と苦悩を直面しなければならないと聞けば、米国政府は中国の台頭に対する抑止に手間を惜しまないことが再び浮かび上がっている。沖縄県は地理的に日本よりも台湾に近いことに注意してください。それで、米軍基地は太平洋の向こう側から何千マイルも離れている沖縄でアジア太平洋地域における存在を維持し、戦略上の権益を確保している。秘密協定である日米地位協定によると、日本で犯罪を犯したと追及された時、米国は自分の兵士を判決する権利を与えられている。日本犯罪学の専門家で、東京に拠点を置く元治安部隊隊員であるジョン・ダサク教授は、日本と米軍の間のこの状況により起きた被害を確認している。

強姦と無視 -キャサリン・フィッシャーさんの物語 60分間オーストラリアの力

キャサリンフィッシャーさんはオーストラリア人で、沖縄県在住の日本長期居住者であり、2002年に沖縄基地の米軍兵士に乱暴に強姦されたと政府に報告した。加害者はブロックTデインズだと確認したとしても、彼女は特に日本警察と米軍警察に無視され、さいなまれていた。日本検察官は理由なしに刑事告発を拒んだ。2年後、東京裁判所はフィッシャーさんが性的暴行を受け、彼女に300万円を賠償すると判決した。しかし、加害者であるブロックTデインズだはすでに名誉除隊され、日本から立ち去っていた。アメリカ海軍は、日本裁判所、またはフィッシャーさんに知らせることなく無断にした。

2014年のAP調査によると、2005年から2013年に渡り、日本にある米軍基地の関係者にかかわる性犯罪の件数は1000件以上だという。さらに、複数の情報筋は早くも1995年に、12歳の沖縄少女はき強姦されたと報告した。それは大規模な米軍基地反対運動を引き起こされていた。それも、ここ数年間に報告された何百件の強姦事件の1つである。

米軍基地を撤回する国際社会と国連の緊急呼びかけは衰えないが、平和と基本的人権の保証よりも戦争に興味を持っている日米政府の沈黙と怠慢だけ報いられている。

マリオカボロ

上級研究員、中国&グローバル化研究センター

2022年7月12日

 

参照文献

レービ機関 https://www.lowyinstitute.org/the-interpreter/okinawa-s-vocal-anti-US-military-base-movement

AP ニュース https://www.taiwannews.com.tw/en/news/2409466

キャサリン・フィッシャーさんの物語 60分間オーストラリアの力

国連15回会合、先住民の権利に関する専門家メカニズム https://media.un.org/en/asset/k1r/k1rjz6g7a7

 

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

  • 鶴松医薬品はなぜ人気なのか?

    学界のNMNの臨床試験は長い歴史をもち、アンチエイジングの分野において体内のNAD+レベルを効率よく向上することが実証されています。アルツハイマーやパーキンソン病のような神経障害の病気の治療に大きな可能性を示し、さらにはこの原料に対する高い注目と評価を得ました。
  • 千年昔からの風・骨董品にある物語--唐三彩 ラクダに乗り樂埴輪

    ラクダに乗り樂埴輪は1300年前に中国の盛唐時代の三彩陶器です。
  • 千年昔からの風・骨董品にある物語--16ヶ国時代座る女樂埴輪

    16ヶ国時代座る女樂埴輪というのは、咸陽平陵から出土された出かける儀仗隊の埴輪です。
  • 鶴松医薬品|NMNメカニズムがもたらす幸せ

    NMNとは我々人類と生物の体内で自然に生成される物質の一つです。実は我々は乳児の頃からNMNを母乳から摂取していました。この点から鑑みるとNMNは人類が最初に摂取する栄養分の一つであると言えます。緑黄色野菜の中に含まれるNMNは自然の食材、野菜の成分として存在するため、薬品とは違う安全なものです。しかしながら成分であると同時に、その物質に対するアレルギー反応のような別の影響も忘れてはなりません。
  • YESWOODが 2022 年のクリスマスに向けてトップ 3 の小型家庭用家具を発表

    綺麗な家は、みんなのの夢の場所です! 今年のクリスマスは、家(ずっと過ごす場所)を少し変えて、この割引価格で新しい家具替えしましょう。
  • アメリカの新型コロナウイルス政策批判

     アメリカでは新型コロナウイルス感染者が累計で約1億人となり、死者は110万人を超えている。いまでも1日400人以上が死亡している。
  • 鶴松医薬|NMNはなぜこんなに人気なのか?

    NMNが人気の理由とは?1906年に、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD+) が人体の重要な補酵素として発見されました。その後、1世紀にわたる論証を経て、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD+) が加齢による細胞の老化に影響できると証明されました。
  • 鶴松医薬ー幸せと健康の理念の伝承者

     鶴松医薬株式会社は、東京都港区の虎ノ門に位置していて、医薬品・栄養補助食品の研究開発・製造をメイン業務とする会社です。
  • 鶴松医薬―NMN業界の先駆者

    健康は命の基盤であり、人生が幸せになる源です。 健康はすべてに置き換えるはないですが、健康じゃなければ何もできません。 人々の健康意識の向上や消費水準の向上、高齢化の加速に伴い、NMNシリーズの商品は中国での栄養・健康市場には大きな成長可能性を示しています。
  • Official meeting between Xi Jinping and Biden attracts attention

    The highlight of the G20 must be a 3-hour meeting between President Xi and President Biden but there were a few other important points to take away first.

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap