Global Trust(GT)オンラインクレジットカード返済プラットフォームは、日本の金融界の大きな注目を集めています

09-10   

-令和3年3月6日

★ローン消費者を支援するための信用保証

グローバル・トラストは(GT)はシンガポールを拠点に2016年に設立された国際信用保証機関です。今年の平均月間ユーザーの増加率は41%で、信用保証成約額は4200万ドルに達している安定企業です。2021年5月には日本に進出し、GTの新しい手法が日本の金融界から大きな注目を集めています。

GTが取り扱う信用保証は個人ローンの消費者です。日本でも多重債務ローン消費者が増大し社会問題になっていますが、その解決の方法には弁護士や裁判所の介入によるものしかなく、金融機関や信用保証のシステムを利用したものは皆無でした。

それに対してGTが行っているのは個人のローン消費者の債務が累積して手遅れになる前に早期介入を行い、利子分の立替支払いを行う方法です。つまりローンを借りている人の首が回らなくなる前に利子が膨らまないように立替払いをし、債務支払いが不能にならないように銀行とAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を通じて連携しながら監視・支援を行う方法です。



★立替支払いで消費者の破綻を回避させる新システム

手遅れになってから裁判所の裁量を仰ぐという従来の方法では、ローンの過剰な利用をしている消費者を守り、安全な経済生活に立ち戻させることはできませんでした。しかし、GTの手法を使えば、早期介入による救済が可能になります。コロナによって仕事がなくなることでローンの借り入れで先々をしのぐ人の数も増えています。GTの立替払い保証は、そうした人々の生活を長期的に守ってゆくためのシステムとしてとても大事なものであることがわかります。

しかし、数多くの人々のローン支払い利息を立て替えるためには、膨大な資金を必要とします。そこでGTが考えたのが、立替資金を投資という形で出してくれる人々にGTのメンバーになってもらう方法でした。投資した参加メンバーに軽減できた利子の一部をコミッションとして支払ったところ、安定かつ高利な利払いが行えることが分かりました。そこでGTは大々的にメンバーをつのり、数千万ドルにわたる投資金の獲得に成功し、ローン債務保証システムをきちんと回転させてゆくようになったのです。



★投資者であるGTメンバーの役割

1、 GTのメンバーとして投資者になるためには、紹介者が必要です。その紹介者と紐づけられる形でクループが形成され、債務支援という今までになかった支援・投資プログラムを履行します。

2、 投資資金は最低50ドルから可能です。少額から初めて少しずつ資産を増やすこともできますが、ある程度まとまった金額を投資して、短期間に大きな利益を得ることも可能です。

3、 立替払いは、ローンの支払いを行っている個々の債務者に直接行う形を踏襲しています。しかしAPIによって個人情報がわからないようにコントロールされており、GT参加メンバーが支援した消費者のイニシャルと支援した金額を知ることができるだけです。GTではこの立替払いの作業をミッションと呼んでいます。ミッションは数分から10分程度しかかからない作業ですが、毎日行う必要があります。、このミッションを忘れてしまうと、その日の分の利息はもらえません。

4、 毎日ミッションを行うことで得られるこの利息のことをGTでは、コミッションと呼んでいます。このコミッションは投資した金額に比例した利率が得られるようになっています。100ドルを投資した人が毎日のミッションで得られる金額は、およそ2.5ドルから4ドル。1000ドルを投資した人は、およそ25ドルから40ドル。1万ドルを投資した人は、およそ250ドルから400ドルです。利益はいつでも自由に引き出せます。日本円で引き出す場合はGTの提携先の三井住友銀行の口座が必要です。あなたが1万ドル(約110万円)の資金をGTに投資すれば、日給250ドル(約2万7千円)から400ドル(約4万4千円)を連日得ることができます。

5、 それに加えて、紹介者の紐づけによってグループの利益の一部を得ることができます。自分が紹介した人の利益の10パーセントをコミッションとして得ることができます。さらに2次報酬8%、3次報酬6%、4次報酬4%、5次報酬2%という形で5次報酬まで支払われシステムになっています。



以上、GTによる社会支援投資事業の概略をお伝えしましたが、私たちのlineグループ(参加無料)に加わっていただければ、アップデートされる情報を知ることができます。また利益を得る方法の詳細も知ることができます。

https://line.me/ti/g2/iMruI_89E_lyqkv5mJ4DUQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default


会社名:globaltrust

連絡先:浅野昭子

メールアドレス:globaltrust2020japan@gmail.com

URLhttps://www.gt-jp.com

住所:シンガポール浜湾金融センタービル15


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

  • GameFi「死のスパイラル」のジレンマを打破し、Murphyの経済モデルを分析

    今年はAxie Infinityが爆発して以来、市場には様々なGameFi製品が登場している。
  • 初の宇宙型SLGチェーンツアー「Murphy」がまもなくオンラインに

    若かった私たちも、星空を見上げ、果てしない天の川を前にして、思い入れと幻想に陥ったことがあります。 そして、いつかその中を旅して、体験できる日が来ることを楽しみにしています。
  • MetaverseゲームMurphyはBSCで最も輝く新星になるのでしょうか?

    SF小説「雪崩」にはメタ宇宙(Metaverse)と呼ばれる複数人のオンライン仮想世界が描かれており、ユーザーは接眼装置を通してメタ宇宙の光景を見ることができ、コンピュータが描いた仮想世界に身を置くことができ、その中には明かりが輝き、数百万人が中央通りを通り抜ける。
  • 《TIENSグループのグローバル発展:置換、超越、成功》 グローバルグランドリリース

    2015年、ある民間企業が6,700人以上の社員を組織してフランスのニースに旅行し、ギネス世界記録を樹立したことが、世界167カ国の主要メディアで報道され、世界的なニュースになったことを皆さんはまだ覚えていますか?多くの学者、専門家、メディアが、この会社がどのような会社なのか、わずか20年でどのようにして世界的な成功を収めたのかに興味を持ち、探求しています。この会社の26年間の発展の解釈、秘密、答えは、2021年1月にロンドンで出版された書籍『皇帝の扉を開く』と、『TIENSグループのグローバル展開』に全てが記されています。2021年10月に世界で堂々と出版されたスワップ、超越、そして成功』です。この2冊は、李金源氏とTIENSグループの『新、スワップと超越理論』と合わせて、TIENSグループの智慧理論体系を形成しています。
  • 宁波举行2021世界数字经济大会暨第十一届智博会

    新华社客户端浙江频道10月15日电(记者吕昂)2021世界数字经济大会暨第十一届智慧城市与智能经济博览会15日在浙江宁波开幕。本次大会以“数字驱动、智能发展”为主题,举办论坛会议、展览展示、创新大赛、产业对接等系列活动,集中展示世界数字经济新技术、新产品、新成果。
  • 2021世界数字经济大会暨第十一届智博会10月宁波启幕

    据2021世界数字经济大会暨第十一届智慧城市与智能经济博览会(以下简称“智博会”)组委会消息,智博会将于10月14日至17日在浙江省宁波市举办。
  • BTC先物ができる取引所【抽選で1BTC当たる】

    ビットコインがアツイ今、取引してみたいがどの取引を使うか迷っていますか?仮想通貨の先物取引に興味ございませんか?この記事では先物取引を簡単に説明し、おすすめの取引所を紹介します。豪華キャンペーン情報もありますので、ぜひ最後までご覧ください。
  • 建国記念日展-ハンモが日本に来ました-中国人アーティスト「ワン・リミン」

    漢民族の男性である王李民は、1956年に黒竜江省双鴨山市で生まれました。自己名:玃猿レイ、別名:Yishoushanの人々。芸術的特徴-雪景色の花や鳥のオリジナルのフリーハンド絵画
  • カスペルスキー インターネット セキュリティ:意識を高めてメールを寄せ付けない

    カスペルスキーでは、ユーザーの皆様にリスクの少ないインターネット環境を提供するために、コンピュータウイルス対策だけでなく、不審なフィッシングメールの見分け方についても常に取り組んでいます。
  • NFTの一番人気のプロジェクト:Dragon Ball Chain

    DragonBallChainはブラインド・ボックスの形でユーザーはブラインドボックスを開くことでドラゴンボールカードとキャラクターカードを入手できます。

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap