中国の貧困解消活動は世界にどのように貢献するか

04-08   

改革開放以来、中国では貧困ライン以下に生活していた農村部7億7000万人が貧困から脱却した。世界銀行の国際貧困基準によると、この数字は同期間に世界全体の70%以上を占めている。

ホワイトペーパーは火曜日の朝に中国の国家評議会情報局によって発表された。


深刻な世界的貧困と特定の国々における富裕層と貧困層の格差の拡大という状況の中で、中国は極度の貧困との闘いに勝利し、「国連2030持続可能な開発アジェンダ」で設定された貧困削減目標を10年前倒しで達成した。

議題で想定されているように、これは世界の貧困人数を大幅に減らし、「より良く、より豊かな世界を実現する」ことに多大な貢献をした。


国際的なサポートと支援

中華人民共和国の建国後の最初の数年間、中国はかつて国際社会の支援の恩恵を受けていた。

国連や世界銀行との協力を通じて、一部の先進国からの支援を受け、先進な概念や手法を活用しながら、金融投資、知識移転、技術支援などの協力プロジェクトを実施してきた。

これらの努力は、中国の制度革新と管理レベルを改善し、特定の分野における持続可能な開発の基礎を築きた。


世界の貧困対策における中国の役割

その見返りとして、中国はずっと世界にサポートと支援を提供している。習近平国家主席は、多くの主要な国際的機会において、国際開発協力のための中国の実際的な措置が計画通りに実施されたか、秩序正しく進められていると発表した。


まずは、中華人民共和国の建国以来、中国は他の開発途上国における貧困緩和活動を支援してきた。

たとえば、中国は「一帯一路」イニシアチブを開始し、経済的および社会的発展における詳細かつ高レベルの地域協力を拡大し、適格国がより良い貧困緩和を達成するのを支援している。

世界銀行の調査によると、このイニシアチブは、これらの国々の760万人が極度の貧困を脱却し、3200万人が中程度の貧困から抜け出すのに役立つ。

過去70年間で、中国はアジア、アフリカ、ラテンアメリカ、カリブ海、オセアニア、ヨーロッパの160以上の国や国際機関にさまざまな支援を提供し、適格国の債務を削減またはキャンセルしてきた。発展途上国がミレニアム開発目標を達成するのを助けた。


次は、中国は全人類に利益をもたらすために国際的な貧困緩和協力プロジェクトを立ち上げた。アフリカでは、中国は一部の国が水利インフラ、職業訓練学校、政府助成住宅などの施設を建設するのを支援し、農業協力実証ゾーンを設立し、中国アフリカ友好病院や本部、アフリカ疾病管理予防センターなどの中国アフリカ協力プロジェクトを立ち上げた。


最後は、中国は貧困削減の経験も共有している。プラットフォームの構築、トレーニングの組織化、シンクタンク交換などの協力を実施した。


中国政府と中国の国連機関は、国際貧困脱却の日に貧困削減と開発に関するグローバルフォーラムを開いた。

COVID-19のパンデミックが依然として世界中に広がっているとともに、貧困、飢餓、病気が人々のより良い生活の追求を弱めている。中国は、いつでも他国との貧困削減における交流と協力を強化し、共通の繁栄と未来を持った貧困のないグローバル社会の構築に大きく貢献する意向を表明した。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

  • NFTの一番人気のプロジェクト:Dragon Ball Chain

    DragonBallChainはブラインド・ボックスの形でユーザーはブラインドボックスを開くことでドラゴンボールカードとキャラクターカードを入手できます。
  • NFTプロジェクトの業界のべーンは?

    2021年、ブロックチェーン技術の市場はとんでもないの一年でした。同年三月ビットコインは6万ドルの大台を超え過去最高値を更新した、暗号資産デジタル通貨の市場は盛り上がりにかけております。そして今年の注目するのはNFTです。
  • BYD Launches e-Platform 3.0 with the New Concept Car Ocean-X Unveiled

    On September 8, BYD officially launched the e-platform 3.0 for pure electric vehicles.
  • Global Trust(GT)オンラインクレジットカード返済プラットフォームは、日本の金融界の大きな注目を集めています

    グローバル・トラストは(GT)はシンガポールを拠点に2016年に設立された国際信用保証機関です。今年の平均月間ユーザーの増加率は41%で、信用保証成約額は4200万ドルに達している安定企業です。2021年5月には日本に進出し、GTの新しい手法が日本の金融界から大きな注目を集めています。
  • 何健華——中国芸術家作品の国際オンライン展

    ​編集者によると、何健華氏は現在国家一級書法師、国家一級美術師、中央国家機関書家協会会員、中国対聯連合学会会員、中国対聯連合会書道芸術研究会会員です。何健華氏の草書作品は鉄製のフックのようで、力が紙を通します。線は飛んで流れて、稲妻のように速いです。中央前方がペンを制御し、上腕から力を入れます。功績が並外れていて、気概が雄壮で、儒雅の風があります。何健華氏の書道作品は国内外で何回も競売にかけられて、非常にコレクションの価値があります。中華伝統文化をよりよく発揚するために、コレクターに実力派芸術家を推薦します。
  • エアロゾル化吸入ワクチンの開発を模索しているラッフルズネブライザーは、エアロゾル化専用ワクチンの1つになる可能性があります

    中国工程院の学者Chen WeiとKansinoBiosciencesのチームは、新しいワクチン技術を共同で研究し、大きな進歩を遂げました。 報告によると、この技術は「エアロゾル化吸入ワクチン」の概念を提唱し、関連する結果は権威ある英国の医学雑誌「TheLancet」に掲載されました。 その中でも、ラッフルズアトマイザーは、アプリケーションシナリオへの適合性と優れた製品品質により、業界の注目を集めています。
  • UNISOC、Googleの「Android Ready SE Alliance」に参加

    モバイル通信およびIoT向けコア・チップセットのリーディング・グローバル・サプライヤーであるUNISOCは、本日、Googleとセキュア・エレメント(SE)ベンダーのコラボレーションによる新しいAndroid Ready SEアライアンスに参加したことを発表しました。このアライアンスは、デジタルキー、IDクレデンシャル、電子マネーソリューションなどの新しいユースケースのために、オープンソースで検証され、すぐに使えるSEアプレットを提供するものです。
  • HTCにより後援される仮想現実市場メタバース(VR Metaverse)・ハイストリートは、最新の資金調達ラウンドで500万ドルを調達して株式会社ユニティーのモバイルチームの拡大を計画

    (Vancouver, Canada)2021年8月 17 日に、ハイストリート(Highstreet)、世界初の貿易を中心とする限定版製品向けの分散型金融市場付きメタバース(metaverse)は、最近500万ドルの資金を調達しました。今回の資金調達は、暗号資産と従来型ベンチャーキャピタルにより先導されている(メカニズム・キャピタル(Mechanism Capital)、NGC、パーム・ドライブキャピタル(Palmdrive Capital)、ジャンプトレーディング(Jump Trading)、並びにGBV、PanonyとShima Capitalなどの当該分野における一次プレーヤーを含みます。トップ企業に加えて、Encrypt Club、Mr. Blockと Miss Bitcoin等を含むコミュニティ建設者や影響者も、このラウンドに参加しました。
  • TIENSグループは将来の巨大な健康産業のグローバルな担い手となる

    中国・天津で開催された「ポストパンデミック時代における一帯一路の健康産業発展フォーラム」で、TIENSグループの李金源会長が堂々と発表したように、TIENSグループは将来の大規模な健康産業における主要なグローバル参加者の一人になることを目指しています。
  • TIENSグループは、これからの巨大な健康産業のグローバルな担い手となる

    中国・天津で開催された「ポストパンデミック時代における一帯一路の健康産業発展フォーラム」で、TIENSグループの李金源会長が堂々と発表したように、TIENSグループは今後の巨大な健康産業において、世界の主要な参加者の一人になることを目指しています。

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap