中国の貧困解消活動は世界にどのように貢献するか

04-08   

改革開放以来、中国では貧困ライン以下に生活していた農村部7億7000万人が貧困から脱却した。世界銀行の国際貧困基準によると、この数字は同期間に世界全体の70%以上を占めている。

ホワイトペーパーは火曜日の朝に中国の国家評議会情報局によって発表された。


深刻な世界的貧困と特定の国々における富裕層と貧困層の格差の拡大という状況の中で、中国は極度の貧困との闘いに勝利し、「国連2030持続可能な開発アジェンダ」で設定された貧困削減目標を10年前倒しで達成した。

議題で想定されているように、これは世界の貧困人数を大幅に減らし、「より良く、より豊かな世界を実現する」ことに多大な貢献をした。


国際的なサポートと支援

中華人民共和国の建国後の最初の数年間、中国はかつて国際社会の支援の恩恵を受けていた。

国連や世界銀行との協力を通じて、一部の先進国からの支援を受け、先進な概念や手法を活用しながら、金融投資、知識移転、技術支援などの協力プロジェクトを実施してきた。

これらの努力は、中国の制度革新と管理レベルを改善し、特定の分野における持続可能な開発の基礎を築きた。


世界の貧困対策における中国の役割

その見返りとして、中国はずっと世界にサポートと支援を提供している。習近平国家主席は、多くの主要な国際的機会において、国際開発協力のための中国の実際的な措置が計画通りに実施されたか、秩序正しく進められていると発表した。


まずは、中華人民共和国の建国以来、中国は他の開発途上国における貧困緩和活動を支援してきた。

たとえば、中国は「一帯一路」イニシアチブを開始し、経済的および社会的発展における詳細かつ高レベルの地域協力を拡大し、適格国がより良い貧困緩和を達成するのを支援している。

世界銀行の調査によると、このイニシアチブは、これらの国々の760万人が極度の貧困を脱却し、3200万人が中程度の貧困から抜け出すのに役立つ。

過去70年間で、中国はアジア、アフリカ、ラテンアメリカ、カリブ海、オセアニア、ヨーロッパの160以上の国や国際機関にさまざまな支援を提供し、適格国の債務を削減またはキャンセルしてきた。発展途上国がミレニアム開発目標を達成するのを助けた。


次は、中国は全人類に利益をもたらすために国際的な貧困緩和協力プロジェクトを立ち上げた。アフリカでは、中国は一部の国が水利インフラ、職業訓練学校、政府助成住宅などの施設を建設するのを支援し、農業協力実証ゾーンを設立し、中国アフリカ友好病院や本部、アフリカ疾病管理予防センターなどの中国アフリカ協力プロジェクトを立ち上げた。


最後は、中国は貧困削減の経験も共有している。プラットフォームの構築、トレーニングの組織化、シンクタンク交換などの協力を実施した。


中国政府と中国の国連機関は、国際貧困脱却の日に貧困削減と開発に関するグローバルフォーラムを開いた。

COVID-19のパンデミックが依然として世界中に広がっているとともに、貧困、飢餓、病気が人々のより良い生活の追求を弱めている。中国は、いつでも他国との貧困削減における交流と協力を強化し、共通の繁栄と未来を持った貧困のないグローバル社会の構築に大きく貢献する意向を表明した。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

  • Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!

    ​最初の数少ないIT技術者が進めてからだんだん十数年も発展してきたが、伝統的な金融機関が介入してしまうデジタル通貨は、管理のない仮想通貨資本市場になり、暗号化学説原理に基づき、匿名で口座を開設することができるため、保有者は世界中に散らばっており、犯罪や不正取引などで得た資金が仮想通貨の市場に転々と移動されています。
  • “お前はクアンビン氏と彼のチームの投資により、「スーパー NMN」が正式に発売されました。”

    ペンメンインターナショナルはこのほど、お前はクアンビン氏率いるチームが開発したアンチエイジング製品「スーパー NMN」がまもなく正式に市場に投入されることを発表しました。
  • Bullcoin BULL、新興の動物コインの強豪リーダー

    最後に、もっと最近の土管プロジェクトもありますが、本当に良いものは100分の1とも言えますので、慎重に慎重を重ねていかなければなりません。 バリュー投資に徹し、ギャンブルは控えましょう。 次のドッグコインを探している皆さんを連れて行ってください。
  • 分散型ストレージ業界のダークホース、FILを潰す存在、MACCion FIL IIとは何なのか?

    MACcoin MACCionMACCionFIL IIは、自らの優れたリソースと力で、データストレージ業界全体を一気に変え、集中型ストレージの現状を打破します。
  • 中国の貧困解消活動は世界にどのように貢献するか

    改革開放以来、中国では貧困ライン以下に生活していた農村部7億7000万人が貧困から脱却した。世界銀行の国際貧困基準によると、この数字は同期間に世界全体の70%以上を占めている。
  • WangWenzeng-世界現代国連イメージアンバサダー

    Wang Wenzeng:ペンネーム:Wang Shengquan、別名Wang Zongze、法律名:ドイツ語、Songshan少林寺の31番目の弟子。 男性、1958年生まれ、河北省保定市出身、現在北京在住。 彼は河北大学政治法学部を卒業し、北京大学芸術学部で学びました。6歳から本を学び、王、燕、劉、趙、朱をコピーし、2人の王を追った。 Zhang Xu、Huai Su、Wang Duo革新的で、繁栄する時代の中国文化を反映し、時代の書道を強調し、世界の人間主義的概念を構築し、中国の夢を実現します。彼の作品は、国の指導者による何千もの作品を集めています。国際的な高官と世界のコンソーシアムは、王の6つの傑作を作成します:「8面スタイルの筆致、幼児循環法、接着剤転写フェイベイトンペン、ビューティーショールヘア、フクシア、ウェーブ法」は、世界。
  • OMC decentralized insurance becomes the development direction of the industry

    The scale of global insurance market is developing rapidly. The global annual premium is more than 5 trillion US dollars, and it is still in rapid development. There is a hidden crisis behind the high growth data. The problem of trust system is always an insurmountable weakness of the traditional insurance industry, which has a serious impact on the sustainability of the insurance industry.
  • 日本神奈川実用総合賞2020リスト!

    2021年2月25日、日本神奈川実用性総合大賞PCAが2020年度の受賞者を正式に発表した。 45年の歴史がある日本神奈川の実用性総合大賞は影響が深く、毎年各国の企業やデザイナーが神奈川を通じて選出に参加します。今回は世界から1064件の評価設計を受けました。
  • Bitbaseブロックチェーントレーディングプラットフォームトラックの新星

    デジタルエコノミーは、ブロックチェーン、人工知能、ビッグデータのディープマイニングと統合アプリケーションを特徴とするインテリジェントなステージです。
  • 100万人のチェインガー、あなたの声を世界に届けよう

    Chaingeは、世界に完全な経済的自由を紹介するデジタルファイナンスアプリです。私たちは、銀行レベルのセキュリティ、カスタマイズされた金融サービス、完璧な自動化を提供するとともに、すべての人に一流のユーザーエクスペリエンスを提供します。

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap