PTスーパーパブリックチェーンは、これまでのパブリックチェーンを超える

10-17   

パブリックチェーンは既に驚くものではなくなっている。これまではタイトルで競っていいて、ブロックチェーン3.0という言葉を常に取り上げていた。よく使う手法は、ある際立つ指標を市場の主流パブリックチェーンと比較して、あらかじめ設定された結論を導き出すというやり方。現在の市場の主流パブリックチェーンを客観的で全面的に比較して、わかりやすくかつ公信力のある結論を出す紹介はまだ見かけていない。今こそ、こう言った業界の悪い風習を打破し、市場の主流パブリックチェーンを全面的に比較して、パブリックチェーンの違いを客観的に説明する。


11.png

参加選手:

第一世代パブリックチェーン:BTC(ブロックチェーンの父)

第二世代パブリックチェーン代表:ETH、EOS

第三世代パブリックチェーン代表:polkaDOT、VDS、PTパブリックチェーン


世代分別の基準:

第一世代パブリックチェーン:主にブロックチェーンを理論から実用化した。ビットコインは誰もが認める第一世代ブロックチェーンの代表である。

第二世代パブリックチェーン:主な目的はブロックチェーンの可能性を探ることで、ETHがその代表である。EOSは第三世代のパブリックチェーンだと公言しているが、実は第二世代のパブリックチェーンの強化版である。

第三世代のパブリックチェーンは、第二世代の上で自らの立ち位置を見つけ、より価値のある技術的なパブリックチェーンが付随される。例えば、VDSレゾナンスあるいはpolkaDOTのハイレベルなクロスチェーン革新、PTパブリックチェーンの全チェーン交換性モデルと高いスループットなどがそうである。


比較する4つの側面:


パブリックチェーンのコンセンサス:パブリックチェーンの革新的中心指標は、パブリックチェーンの性能と安全性に直接影響を及ぼす。5つ星満点。

パブリックチェーンの使用シーン:主にパブリックチェーンのビジネス価値を意味し、パブリックチェーンのビジネス的な将来性を測るための重要な根拠である。5つ星満点。

パブリックチェーンのTPS:パブリックチェーンの最大ポテンシャルを意味する。5つ星。

パブリックチェーンの影響力/実績:ブロックチェーン業界に対するパブリックチェーンの貢献価値を意味する。5つ星。


この4つの側面は主にパブリックチェーンの実用性を中心とし、ビジネス価値そのものに重点を置く。なぜなら、生産性は均衡技術唯一の基準であると筆者を思っているからである。


BTC(第一世代パブリックチェーン):


コンセンサス:POW(仕事量の証明メカニズム)これまで安全性と分散型が最大限のコンセンサスであったが、その欠陥は効率が低いことである。POWの創造者として、4つ星と評価したい。


使用シーン:デジタル通貨(支払、振替、資産管理)、BTCは現在コンセンサスの最も高いデジタル通貨であるが、使用シーンが単一的であるため、2.5星と評価する。


TPS:毎秒7件の取引しか処理できないことがBTCの普及を一番妨げている。これは初期段階の技術的妥協と思われる。星1.5個。


影響力:ブロックチェーンの父、デジタル通貨の創設者であるため、星5つと評価したい。


以上より、第一世代パブリックチェーンの平均得点は、3.25個の星である。


ETH(第二世代パブリックチェーン):


コンセンサス:POW(仕事量の証明)とビットコインが一致するコンセンサスメカニズム。その長所と短所も基本的に同じだが、ETHはマイニングマシンに対抗するアルゴリズムを加えている点だけが相違する。ハッシュレートの分散性が強く、ETH 2.0時代はDPOSの検証メカニズムを導入している。総合的に見ると星4つと評価したい。


使用シーン:ETHは応用において無敵と言える。現在業界最大のユーザー数と開発者チームを誇っている。クリプトキティ、FOMO3D、DEFIのような名物も誕生しており、ブロックチェーン業界の応用のキングと言える。五つ星以外ない。


TPS:ネットワーク2.0にレベルアップする前、ETHのTPSは毎秒30回の取引しか処理できないという弱いものなので、星1.5。


影響力:第二世代ブロックチェーンの代表であり、星4つをあげたい。


以上より、第二世代パブリックチェーンの平均得点は、3.625個の星である。


EOS(第二世代パブリックチェーン):


コンセンサス:OPOSはPOW以外にもう一つの新しいコンセンサスを作り、POWコンセンサスの低効率という欠陥を回避した。しかし、その安全性は認められておらず、中心化な「裁判メカニズム」があるため、EOSチェーン上のDPOSは業界内での賛否両論が続いている。今の段階では3つ星。


使用シーン:コンセンサスの改善のおかげで、EOSは大規模な応用が可能になった。ピクセルなどの爆発的なアプリもあったが、CPU資源の高価なレンタル費用を受けて、開発者はEOSエコシステムから遠ざかり続け、長い間爆発的なアプリが生まれていない。星2.5個。


TPS:開発当初のEOSは百万取引対応可能と称したが、現在テストしたところ一秒で3800件であった。前の二つのパブリックチェーンと比べてかなり進んでいるので、5つ星。


影響力:リリースした当初は大きな話題となったが、その後はあまりヒットするアプリがなく、エコシステムが日に日に凋落した。影響力は2つ星。

以上より、第二世代パブリックチェーンEOSの平均得点は、3.125個の星である。



polkaDOT(第三世代パブリックチェーン)


コンセンサス:NPOSは新たなコンセンサスである。DPOSに基づいて改良され、ダブル確認機構によって、ノットで悪さをする難易度とコストが高くなっている。同時にパブリックチェーン性能の実用性も考慮しており、4つの星に値する。


使用シーン:polkaDOTはチェーンをまたぐ中継チェーンモデルを提供する。その位置付けはパブリックチェーンを要しないハイウェイとつなぐことである。今の所そのニーズはまだ乏しく、polkaDOTもどっちつかず状態である。星3.5個。


TPS: 毎秒1000件のチェーン上取引を行い、安全と効率を兼ね備えた理想的な実績を叩き出している。総合得点は4つ星。


影響力:影響力は一部の技術の探求するコミュニティに限られる。評価は星2.5。


以上より、第三世代パブリックチェーンの平均得点は、3.5個の星である。



VDS(第三世代パブリックチェーン):



コンセンサス:powメカニズムは、強力なハッシュレートに欠けており、安全性とパブリックチェーンの性能を両立できないため、1.5の星しか評価できない。


使用シーン:レゾナンスメカニズムがある。VDSは2019年の最も人気のパブリックチェーンであると言える。業界内で大盛況を作り出した実力を持っている。4.5の星に値する。


TPS: 公式発表では1秒60000件だが、実際の測定データがないため、評価が難しい。星1つ。


影響力:かつては大人気だったが、すでに古い。エコシステムが形成される前にレゾナンスのホットスポットは全部消えた。星1つ。


以上より、第三世代パブリックチェーンVDSの平均得点は、1.875個の星である。


PTパブリックチェーン(第三世代パブリックチェーン):


コンセンサス:DPOS+SPOS、ダブルコンセンサスは最新のブロックチェーン研究成果の応用であり、安全と効率と分散化の矛盾を有効的に均衡させている。これから主流になる可能性は十分にあるため、星4.5を与えておきたい。


使用シーン:クロスチェーン、量子コンピューター対抗を備えており、重合鉱山マイニングモデルを創立、かつPTパブリックチェーンは現在唯一の前掘りゼロ、予約ゼロ、手数料ゼロの公正的な存在である。使用シーンが広く、未来性もあり、ポテンシャルのあるパブリックチェーンである。PTパブリックチェーンはリリースされたばかりで、エコシステムが不完全なため、星4つしか評価できない。


TPS:メインチェーンは通常4000件一秒の処理速度を誇っているが、PTパブリックチェーンは加速モデルを隠し持っている。一度フラグメンテーションを有効にすると、10万件の処理速度に達することができる。驚くほどのデータではあるが、現在は通常状態に3.5個の星しか評価できない。


影響力:パブリックチェーンとして、PTは多くの新しい成果があり、モデルにおいても革新的なものが多い。最近は欧米での評判が高いが、芽生えたばかりの状態であるため、しばらくは2の星と評価しておきたい。



以上より、第三世代パブリックチェーンPTの平均得点は3.5個の星である。



最終的な得点を見ると、第三世代のパブリックチェーンの得点は筆者の予想外だったと言える。第二世代のパブリックチェーンは現在も主流アプリの本命プラットフォームである。技術が安定し、開発環境も良く、ユーザーの教育コストも低いのはすべて第二世代のアドバンテージである。しかし、第三世代として、得点は高くないと言える。ここから第三世代パブリックチェーンの技術目的が顕著に現れており、そこに偏りが生じている。一部の主要機能は満点にまで近いが、残りは全体的に得点が低い。

22.png


例えば筆者が見込んでいたPTパブリックチェーン。後発として、PTパブリックチェーンは分散化Dpos+Sposコンセンサスメカニズムを持っている。安全、プライバシー、高効率、交換性とクロスチェーン技術に対応しており、多元的技術の開発も容易である。重合鉱山マイニングの廃棄メカニズムで従来のマイニング分配メカニズムの欠陥を改善したことで、投機ユーザーを根絶させ、コンセンサスの参加率の増加及びモデルの革新にも繋がっている。しかし、後発の制限によって、エコシステムはまだ萌芽期にあり、革新的なメカニズムは市場で検証する時間がないため、低い点数しか与えられない。


しかし、点数はあくまで現段階での参考だけであり、時間が経つにつれて、ユーザーの移動、人気アプリ、技術更新などの影響により、パブリックチェーンのエコシステムは激しく変動するだろう。また、PTのような技術と革新的なモデルを兼ね備えたパブリックチェーンは市場で有利になるでしょう。その点に関して時間が証明してくれるだろう。PTの白皮にあったように、富を掴む大前提は、正しい選択をすることである。


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

  • エポックメイキングな傑作、ICPⅡが強力にデビューしました!

    Global Timesの信頼できるニュースによると、ICPⅡは2021年7月10日に0.025Uの価格で発売されました。現在のホットなICP市場と比較すると、ICPⅡは基礎的なアーキテクチャの面でICPの最高傑作であり、ICPを超えるために開発者によって最適化されています。
  • アセット・インタラクションをさらに進化させたBitsafeがコイン界を驚かせた理由とは?

    2021年の金融投資の発展方向、より効果的な資金調達、決済、より広範な情報交換をどのように実現するか、資産運用管理は我々にとって大きな試練であり、ブロックチェーン技術の波、金融セクターの躍進はエポックメイキングである。
  • 村上春樹:NFT作品がBOBOに掲載

    ​村上春樹は現代日本の小説家である。1973年に早稲田大学文学部演劇学科を卒業。主な作品に「ノルウェイの森」、「風の歌を聴け」、「レキシントンの幽霊」、「百パーセントの女の子」、「村上春樹の文学における音楽」などがある。
  • 医療専門家が中国東方航空と手を組み、飛行中の応急処置の「防護壁」を構築

    整形外科医のWangRenは、動悸の既往がある男性乗客を救助しました。この乗客は5月1日、広州発西安行きMU2259便の機内で、胸の圧迫感、息切れ、呼吸困難などの症状を訴えていました。
  • Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!

    ​最初の数少ないIT技術者が進めてからだんだん十数年も発展してきたが、伝統的な金融機関が介入してしまうデジタル通貨は、管理のない仮想通貨資本市場になり、暗号化学説原理に基づき、匿名で口座を開設することができるため、保有者は世界中に散らばっており、犯罪や不正取引などで得た資金が仮想通貨の市場に転々と移動されています。
  • “お前はクアンビン氏と彼のチームの投資により、「スーパー NMN」が正式に発売されました。”

    ペンメンインターナショナルはこのほど、お前はクアンビン氏率いるチームが開発したアンチエイジング製品「スーパー NMN」がまもなく正式に市場に投入されることを発表しました。
  • Bullcoin BULL、新興の動物コインの強豪リーダー

    最後に、もっと最近の土管プロジェクトもありますが、本当に良いものは100分の1とも言えますので、慎重に慎重を重ねていかなければなりません。 バリュー投資に徹し、ギャンブルは控えましょう。 次のドッグコインを探している皆さんを連れて行ってください。
  • 分散型ストレージ業界のダークホース、FILを潰す存在、MACCion FIL IIとは何なのか?

    MACcoin MACCionMACCionFIL IIは、自らの優れたリソースと力で、データストレージ業界全体を一気に変え、集中型ストレージの現状を打破します。
  • 中国の貧困解消活動は世界にどのように貢献するか

    改革開放以来、中国では貧困ライン以下に生活していた農村部7億7000万人が貧困から脱却した。世界銀行の国際貧困基準によると、この数字は同期間に世界全体の70%以上を占めている。
  • WangWenzeng-世界現代国連イメージアンバサダー

    Wang Wenzeng:ペンネーム:Wang Shengquan、別名Wang Zongze、法律名:ドイツ語、Songshan少林寺の31番目の弟子。 男性、1958年生まれ、河北省保定市出身、現在北京在住。 彼は河北大学政治法学部を卒業し、北京大学芸術学部で学びました。6歳から本を学び、王、燕、劉、趙、朱をコピーし、2人の王を追った。 Zhang Xu、Huai Su、Wang Duo革新的で、繁栄する時代の中国文化を反映し、時代の書道を強調し、世界の人間主義的概念を構築し、中国の夢を実現します。彼の作品は、国の指導者による何千もの作品を集めています。国際的な高官と世界のコンソーシアムは、王の6つの傑作を作成します:「8面スタイルの筆致、幼児循環法、接着剤転写フェイベイトンペン、ビューティーショールヘア、フクシア、ウェーブ法」は、世界。

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap