DeFiの新しいプロジェクト、分散型Coinlist、World News が「TokenSwap」アジア地域の責任者Vivian氏を対象としてインタビュー

12-16    WN.com

DeFiはまだ注目されています、DeFi Pulseのデータによると、141億ドルを超える仮想通貨はMaker、Compund、UniswapなどのDeFiプロトコルにロックされています。しかし、DeFiに対する質疑の声はまだ普遍的に存在しており、多くの反対者はDeFiが借入・貸出、分散型取引所、ボールトの3段階の発展を経験した後、新たな発展目標に欠け、より多くの注目を集めている話題点を失ったと考えています。

このため、最近のDeFi分野のダークホースプロジェクトTokenSwapを取材しました。彼らはDeFiに新しい機能をもたらしました。分散型オークションプロトコルです。これは相対的に独立した概念です。第二級市場とマイニングとは違って、一級の市場投資家、機関投資家及び独立プロジェクトに焦点を当てました。

TokenSwapは新しいDeFiの機能を提出し、すでにプロジェクトを市場に押し上げました。

これも私たちがToken Swapを選んだ理由の一つです。彼らはDeFiに新しい活力を与えるだろう。

今回のインタビューでは、TokenSwapアジア地域の責任者、Vivian氏を招待しました。彼女はプロジェクトの理念、発展方向から細かく説明してくれます。


————————————————


World News:Token Swapとは何かを一言で紹介してもらえますか?


Vivian:もちろん、Tokenswap.financeは分散型オークションプロトコルです。審査なし、オープンなオークションプロトコルを作り、仮想通貨のオークションにおける参加制限、取得遅延、流動性低下、委託リスクなどを解決することを目指しています。


World News:なぜToken Swapというプロジェクトを作ったんですか?


Vivian:

私たちが最初にTokenSwapを提案したのは、CoinListのオークションから来たものです。たくさんのオークションに参加したい人を気付けまして、KYCに合格できないので、CoinList上でいくつかのプロジェクトのオークションに参加できません。例えばFilecoin、Algorand、多くの機会を逃しました。

また、DeFi世界では、固定価格で貨幣を売るプラットフォームがほとんどありません。例えUniswapのようなプラットフォームには、取り引きの後、仮想通貨は価格が変動します。

その時、私たちは個人認証がいらなくて、みんなが参加できるオークションということではないかと考えています。このプロトコルは固定比率オークションと他のいくつかのオークション形式ができます。これはTokenSwapの原形です。

その後、私たちはこのプロトコルのために多くの新しいアイデアを追加しました。例えば、たくさんのオークションの過程で、投資者がプロジェクト側にETHまたはUSDTを支払った後、プロジェクト側は長い間後に投資者にトークンを支払います。これは非常にオークションの流暢性に影響します。したがって、TokenSwapでは、スマートコントラクトを通じて、無遅延のオークションを実現しました。投資者がETHを支払ったら、すぐにプロジェクト側がスマートコントラクトのトークンプールに預けてあるトークンを獲得できます。

  例えば、私たちはスマートコントラクトを通じて、投資者のETHが直接に投資者のアドレスからプロジェクト側のアドレスに入ることができます。そうすると、オークションの過程で資金の安全を保障できます。

  私達はこれらを作ってから、TokenSwapはもっと多くの機能を与えられることを発見しました。例えば、ある投資家はトークンを獲得した後、取引所に行く前にこのトークンを販売したいです。過去にはOTCの方式しかできませんでしたが、今はTokenSwapを通じて販売できます。これはTokenSwapのために「OTC」の応用を追加しました。

私たちはToken Swapを通じて、仮想通貨の流動性がより良いことを望んでいます。


World News:TokenSwapは分散型のCoinListのようなものですね。そうすると、Coinlistと比べて、なぜプロジェクト側がToken Swapを選んでいますか?コア競争力はどこにありますか?

Vivian:

  はい、Token Swapは標的に対して分散型のCoinListとサザビーズです。競争力については、私は個人的に考えていますが、理念上の優勢はTokenSwapをより強くさせます。

  過去には多くのプロジェクトが早期にあまり普及していなかったため、投資者に彼らを認識させることができません。これは彼らが投資家から注目されていないことを招きます。投資機関や専門投資家によってすべてのトークンが買い取られることがよくあります。個人投資家が早期に競売に触れる機会はそれほど多くないです。これは非常にブロックチェーンの精神に合わないです。TokenSwapの出現は、このような状況を変える。

また、私たちはプロジェクトにおいても、三つのメリットがあります。

その一、私たちはNO KYCであり、この利点はこれ以上説明する必要がない。

その二、CoinListでは、オークションに参加しても、非常に長い時間がかかります。例えばFilecoinは、多くの投資者が3年を待っていました。Token Swapでは、オークションに参加した後すぐにトークンを受け取ることができます。これは投資者にプロジェクトをより信頼させます。

その三、TokenSwapでは、オークションに参加したETHは、直接に投資者のアドレスからプロジェクト側のアドレスに入ることができます。TokenSwapは委託管理行為がないので、資金安全の面で、より優れています。


World News:TokenSwapはどのように投資者のETHとトークンが流用されないことを保障し、資金の安全を確保しますか?


Vivian:

まず、Token Swapの動作は完全にスマートコントラクト上、ETHは直接投資者のアドレスからプロジェクト側のアドレスに入ることができます。これらのETHに触れることができません。

それにプロジェクト側のトークンはTokenSwapのスマートコントラクの資金プールに入ります。このアドレスはいつでもETherscanで監視できますので、資金の安全を心配しないでください。


World News:素晴らしいプロジェクトです。じゃ、チームの企画の中で、未来のTokenSwapはどうなりますか?話してもらえますか?


Vivian:

最初の計画では、TokenSwapはプロジェクト側のオークションの最適選択となります。

Uniswapが多くのプロジェクトの取引所の最適選択になったように、分散化されたプロジェクトはより簡単に参加できるのため、より多くのDeFi世界の承認を得られます。私達は未来ブロックチェーンプロジェクト達のルートは、このようになるかもしれません:

第一歩は、TokenSwapでトークンのオークションを行い、一定の資金を獲得してプロジェクトの持続的な発展の経費とする。

第二に、製品の研究開発を行います。

第三段階はUniswapと他の二級市場プラットフォームに登録して、市場に参加します。

プロジェクトの進展に伴い、我々はさらに多くの可能性を発見しました。「OTC」の作用を発見しました。多くの仮想通貨取引は実際には取引所では行われていません。しかし、このような取引は直接取引でも担保人を探しても大きなリスクがあります。Token Swapはこの問題を完璧に解決できます。売り手は直接TokenSwapにオークションを開設できます。買い手はToken Swapを通じて購入できます。スマートコントラクトはこの取引を保護します。


World News:TokenSwapはDeFi世界にどのようなメリットが与えられますか?


Vivian:

TokenSwapがDeFi世界にもたらす利益は明らかであると思います。TokenSwapはトークンのオークションをもっと正規化して、より多くの人にトークンオークションに参加させます。そして、ロングテールオークションももっと多くの流動性をもたらします。


World News:TokenSwapは市場に関する計画がありますか?


Vivian:

私たちはすでに発表しました。TokenSwapの協議トークンTOPは12月16日にBitMart取引所に上場します。そして、いくつかの取引所が私たちと交流しています。TOPに上場意向があります。


World News:TokenSwapが最近正式にPolkadot系への申請を提出したと聞きましたが、もし通過したら、TokenSwapとPolkadot系にはどのような変化を与えますか?


Vivian:

とても良い質問です。私達のチームはPolkadot系に参加するのはとても正しい決定だと思います。

クロスチェンにおいてPolkadotは独特の優位性があり、クロスチェーンと協力のTokenSwapは他のPolkadot系プロトコルと協同ができます。Polkadot系は徐々に成熟してきました。これからはTokenSwapがより多くのパートナーを見つけやすいようになります。現在TokenSwapはすでに一部のPolkadot系プロジェクトと提携しています。

TokenSwapもPolkadot系に大きな発展価値をもたらすことができます。Polkadotのチェーンを通して、TokenSwapに利用し、投資者がより多いPolkadot系初期資産を競売できます。様々なブロックチェーンチームはPolkadotのParachainを通じて、TokenSwapでトークンを販売するのは非常に便利になります。例えばERC20が発表したNFTプロジェクト、EOSに基づくDAPPプロジェクト、PolkadotによるDeFiプロジェクトなどに基づいて、分散型オークションはERC20のトークン以外にも利用できます。


World News:Vivianさんに感謝します。Token Swapは非常に有望なプロジェクトです。Token Swapの成功を祈っています。


Vivian:

○○のインタビューに感謝します。私達もTokenSwapはDeFi世界のために、新しい物語、新しい参加者をもたらすと信じています。



連絡:

Twitter:https://twitter.com/TokenSwap001

Telegram:https://t.me/tokenswapen

公式リンク:https://www.tokenswap.finance/


ソース:

https://article.wn.com/view/2020/12/15/DeFi_New_TrendDecentralized_Coinlist_World_News/


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

フレンドリーリンク

Back to top
© 著作権 2009-2020 毎日のニュース      お問い合わせください   SiteMap